*


絶対に成功する!【片思いから両思いになる方法】恋に恋する“察してチャン”は卒業しましょうね

絶対に成功する!【片思いから両思いになる方法】恋に恋する“察してチャン”は卒業しましょうね

好きな人のことを考えてドキドキする時間って、片思い中の醍醐味ですよね。

「彼は何が好きなのかな?」
「こういう場合はどう思うのかな?」

彼と自分の関係を妄想して、一人赤面してみたり~(笑)。

誰かを好きになるって、本当に楽しい!
恋をすることで、味気ない普段の生活がキラキラと輝きだします。

でも、片思いよりも両思いの方がもっと楽しい!

どうせ恋をするならば、誰だって気になる相手と両思いになりたいですよね。

どうしたら、片思いから両思いになれるんでしょう?

自分が相手を好きなように、相手にも自分を好きになって欲しい……。
相思相愛の関係に憧れます。

今回は、そんな恋する皆さんのために、『片思いから両思いになる方法』をご紹介していきます!

生身の彼をもっとみて!恋に恋する女はもう卒業

『片思いから両思いになる方法』をお話する前に、あなたに絶対に把握しておいて欲しいことがあります。

まず、恋愛は人間同士のコミュニケーションであるということを肝に銘じてください。
自分がいて、他人である相手がいる。

片思い中って、自分の中で相手への妄想を拡大させてしまいがち。

「きっと、彼はこういうタイプ!」
「こんな時、もしかしたら彼はこうするかもっ?」

自分の中で彼への勝手なイメージを膨らませすぎて、現実の彼をしっかりと見ていない……なんてことはありませんか?

これ、恋に恋する女性に多い傾向です。

自分の中であなたに都合が良いように彼へのイメージを作り上げ、現実の彼がちょっとでもその理想とは違う行動をとると、「こんな人だったんだ……」と勝手に幻滅したりして。

まずはしっかりと、現実を生きる彼のことを見てください。
妄想に逃げるんじゃなくて、あなたとは違う、一人の人間(他人)である彼のことを認識してください。

あなたという人間がいて、彼という人間がいる。
恋愛は、生まれも育ちも違う他人同士のコミュニケーションです。

アイドルや二次元に恋するのとはわけが違う、生身のコミュニケーションであるということを把握することが、まずは恋愛のスタートラインです。

素直に彼に向き合えば絶対に成功できる!片思いから両思いになる方法

恋愛のスタートラインに立ったところで、今回の本題である『片思いから両思いになる方法』をみていきましょう!

● あなたから積極的に行動して彼との距離を近づける

まず、彼の中にあるあなたの存在を大きくさせましょう。

今現在が「知り合い」程度なら、「友人」にステップアップさせる。
今が「友人」ならば、「もっと仲の良い友人」にステップアップさせる。

あなたのことを彼が知らないのであれば、彼とあなたが恋愛関係に発展するはずがないじゃないですか。

彼に、あなたという人となりを知って貰いましょう。
そして、彼の中であなたへの印象を強めて貰いましょう。

この際に注意したいのが、決して「親友」になりたいわけではないということ。
親友じゃなくて、恋人になりたいんです。

彼との距離を近づけるタイミングで、「彼のことが好きだとバレたら恥ずかしい」と言って、やけにボーイッシュに振る舞ったり、素っ気ない態度を示したりする女性って多いです。

これ、100%逆効果ですからね。

だって、最終目標が「恋人」なのに、「好きだとバレたら恥ずかしい」って矛盾していませんか?

彼のことが好きだとバレたっていいんです。
むしろ、軽くバレてるんじゃないか?くらいが丁度いい。

「あの子は俺に気があるのかな?」と、男性側だって意識してくれますからね。
好きな気持ちがダダ漏れしていても良いんですよ。

好きなのに意地悪しちゃう的な小学生男子のような振る舞いは、恋愛では無意味。

彼に対して、積極的になりましょう!

積極的に話しかけてみる。
まずは、グループで遊びに行くことを提案してみる。
可能であれば、2人での食事に誘ってみる。

あなたは映画の中のお姫様ではありません。
ただの、一人の女の子。

どんなに待っていても、白馬に乗った王子様はあらわれません。
そんな都合の良いシナリオのような人生が歩めるわけがないんです。

あなたから積極的に動かなくちゃ!

● あなたと彼の共通の“好き”をみつけてみる

自分の好きなものを相手も同じように好きだったら、嬉しいですよね。

例えば、あなたがディズニー映画が好きで、相手も同じようにディズニー映画が好きだったら……嬉しくなりませんか?

共通の“好き”から会話も弾み、今度一緒に映画を観に行こうよ!と、デートの誘いだってできちゃいます。

彼は何が好きなのか、彼の好みを探りましょう!

人間て、様々な“好き”を持っています。
ラーメンが好き、猫が好き、走るのが好き、お笑い番組が好き、緑色が好き……。

きっと、彼の“好き”とあなたの“好き”が、重なり合う何かがあるはずですよ。
そんな共通の“好き”を探してみてください。

そして、共通の“好き”から、彼との会話を膨らませてください。

女同士の友達関係でも、共通の“好き”が多い相手との方が、より仲が良くなれますよね。

共通の“好き”が多い相手だと、「この人は私のことを分かってくれる」と心を開きやすくなりますし、「私もそう思う!」と共感が生まれ、相手への信頼も増していきます。

彼はどんなモノが好きですか?
彼はどんなコトが好きですか?

あなたと彼の共通の“好き”をたくさんみつけてくださいね。

● “察してチャン”にならずに気持ちを素直に言葉にする

素直であることは、何よりも強い恋愛の武器です。

恋愛の駆け引きなんてものは、実は小手先の技術でしかない。

「ありがとう」
「ごめんね」
「好きだよ」
「一緒にいたい」

恥ずかしくて素直に表現できない上記の気持ち。
あなたは、これらの気持ちを素直に言葉にできますか?

「言わなくても分かって欲しい」は、恋愛における最大の傲慢です。
言われなくっちゃ、分かるはずないじゃん。

あなたと彼は、生まれも育ちも異なる別の人間。
エスパーじゃないんだから、何を考えているかなんて、言われなくっちゃ分かりません。

何かして貰ったら、「ありがとう」。
彼に会いたくなったら、「会いたいな」。

彼に引かれたら嫌だ……と先回りして考えすぎて、自分の素直な気持ちを言葉で伝えていないんじゃないですか?

「私の気持ちを分かって欲しい!」と願うなら、それがどんな気持ちなのかキチンと言葉で伝えましょう。

女性にこそ、「言わなくても分かって欲しい」という“察してチャン”が多いです。
なぜか、「言わなくたって分かるでしょう?」と上から目線なんですね。

いやいやマジで、言われなければ分かるはずがないですから。

小手先だけの恋愛駆け引きを考える暇があったら、素直に彼に「会いたい」と伝え、「一緒にいると楽しい」と伝え、「あなたともっと仲良くなりたい」と伝えましょう。

素直な言葉が一番、彼の心に響きますよ。

いかがでしたか?

恋愛ってテンパっちゃって、なかなか冷静になれないもの。
でも、恋愛だって人間同士のコミュニケーションなんだ!ということを分かっていれば、答えは自然とみえてきます。

他人同士が仲良くなるためには、一体どうしたらいいのか?
彼という一人の人間をみて、妄想に逃げることなく、素直にアプローチしてみてください。

自分に自信がないならば、まずは自分に自信を持つところから始めてみましょう。

自信を持って、彼への片思いを両思いにかえていきましょうね!

(Photo:Naomie’s life)

▼ 恋愛運を高めるなら絶対にパワーストーン!

恋を叶える陰陽師のパワーストーン


関連記事

行こう!恋愛祈願★「本当に効く!」と評判の全国の縁結び神社はココだ!

「運命の彼に出会いたい」 「この恋を成就させたい」 皆さん、恋、してますか? 恋愛

記事を読む

【略奪恋愛】彼女から彼を奪っちゃダメ?恋人のいる男性の心をあなたに振り向かせる方法

あなたは、友達の彼氏を奪ったことがありますか? 友達ほど近い存在じゃなくても、恋人がいる男

記事を読む

彼が喜ぶクリスマスプレゼント!実際に何を貰ったら嬉しかった?男の本音と管理人おすすめブランド紹介

12月に入り、街中はすっかりクリスマスムード☆ 今年のクリスマスをどう過ごすか、皆さんはも

記事を読む

復縁するために重要な【復縁メール】の書き方&内容とは?こんな文面は絶対にNG!彼を思わず微笑ませる必要アリ

どんなに友達とはしゃいで盛り上がっていても、ふと淋しい瞬間がある……。 お酒を飲んでも、カ

記事を読む

非日常に興奮する!ちょいエロなコスプレ姿で彼のハートを鷲掴み☆ランキング

コスプレ好きの男性って多いですよね。 コスプレに限らず、病院で働くナースさんや飛行機内

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

美肌ノススメ
follow us in feedly
Twitterボタン

  • 『オンナノサガ』『できる女の法則』
    男と女の色々な興味深いコトを
    まるっとたくさん発信していきます!
    いろはにほへとちりぬるを♪
    男と女の恋のハウツー★
    さぁ、皆さんも学んでいきましょう!
  • ● Evita -エヴィータ-
    男と女の奥の細道の探究者。恋や愛に振り回されること多数。恋愛のゴールってどこにあるの?

  • ポチッとプッシュをお願いします!
PAGE TOP ↑